化粧品のテレビコマーシャルなどで、コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品は効果が高いと目や耳にされることも多いのではないでしょうか。
コラーゲンという成分は、体の全ての部分(は真皮、靭帯、腱、骨、軟骨など)を構成しているタンパク質の1つです。
身体の全タンパク質の約30%を占めるとされる成分ですので、
大変重要なものとなっています。

コラーゲンを酵素で分解して分子化したコラーゲンペプチドが、化粧品の原料として使用されています。
最近、化粧品のCMでよく言われていますように、高分子のコラーゲンペプチドでは肌に浸透しませんので、
吸収を効果的にするため、可能な限り低分子化したコラーゲンペプチドを配合したコスメを選ぶのが望ましいです。

グリコサミノグリカンというムコ多糖の一種であるヒアルロン酸は、
水分を蓄える能力に優れ、保湿成分として多くの化粧品に配合されています。
サプリメントや健康食品にも配合されており、それらを口径で摂ることで、
美容効果を期待する方もいらっしゃいますが、その効果が出るまでには、かなりの時間を要します。
また、食品やサプリメントとして摂ることで、膝などの関節にも効果があると考えられています。

多くの美容液、化粧品がコラーゲンとヒアルロン酸を配合います。
オールインワンゲルなど、時間的にもコスト的にも節約が可能なコスメにも配合されていますので、配合成分にも注目して化粧品を選ぶといいでしょう。